尿酸値が気になるすべての方の為に

痛風発作の治療で行う薬物療法の内容とは

「発作を沈静化する治療は本格的な痛風治療ではない」

痛風発作を起こした場合は、何はさておき、痛みや
晴れを取り除く緊急の治療が必要になります。

これは痛風発作を沈静化するための対処療法で
痛風や高尿酸値血症を治す根本的な治療では
ありません。

一時的に緊急避難をして、落ち着いてから本格的な
治療を始めようというわけです。

非ステロイド系抗炎症鎮静薬で発作時の痛みや腫れを改善

痛風発作の沈静化に使われる薬は、主に非ステロイド
系抗炎症鎮痛薬です。

ナプロキセン、インドメタシン、フェンプフェン等
幾つかの種類があり、患部の痛みや腫れ、熱など
の症状を取り除き、炎症を改善する優れた硬化を
発揮します。

病状に応じては座薬を用いる場合もあります。

非ステロイド系抗炎症鎮痛剤は副作用が少ないという
特徴もありますが、まれに胃潰瘍や十二指腸潰瘍など
を引き起こしたり、極めてまれな例では大出血や
胃穿孔を起こしたりするということも報告されています。

したがって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある人には使用しない
のが原則です。

胃潰瘍がなくても、他の病気で血液を固まりにくくする
薬などを使用している場合も注意が必要です。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ