尿酸値が気になるすべての方の為に

痛風発作の前兆│薬物治療の初期に起こる場合もある

docter1

一体何故?とショックを受け、治療に疑問を感じる人も

多くの痛風患者は、急な発作から病院に駆け込んで
治療を受けることになります。

そして、なんとか症状も治まり、本格的に尿酸降下薬を
使った治療を始めますが、その後まもなく、痛風発作
を起こしてしまうケースがあります。

痛風発作を起こさないために薬を飲んでいるのに
一体何故?とほとんどの人が治療に疑問を感じ、戸惑って
しまいます。

特に治療を始めた直後というタイミングもあり、希望を
打ち砕かれたように感じる人も多いようです。

しかし、ほとんどの場合、治療を始めるにあたって
医師から説明がありますから、心の準備ができている人
が多いのも事実です。

それがたまたま事前に知らされていなかったり、聞いていた
のに忘れてしまっていたりすると、大きなショックを感じて
しまうことになります。

では、よりによって痛風を根本的に治そうと治療を始めた
途端、痛風発作を起こしてしまうのはなぜでしょうか?

尿酸値が急に下がると患部への白血球の攻撃を招く

痛風発作の仕組みは。体内の尿酸値が増加して過剰に
なった分が結晶化し、関節部などに蓄積する事で
起こります。

根本原因は尿酸値の高い状態が「慢性化」していること
にあります。

実は、慢性的に高い状態にあった尿酸値が急に下がると
それが痛風発作を引き起こす原因になることがあるのです。

これを「尿酸値の下降型発作」と呼んだりもします。

尿酸下降薬を使用すれば、体内の尿酸は減少していきます。
しかし、患部の関節部などには、結晶化した尿酸が相変わらず
大量に蓄積しています。

そうなると、体内と発作を起こした患部との間に大きな
尿酸値の高低差が生じることになります。

この「差」がきっかけとなって、白血球が尿酸結晶を
再び攻撃する事があるのです。

白血球の攻撃が再会されると、関節に張り付いている尿酸
結晶が剥がれ落ち、痛風発作が再発します。

治療開始後の痛風発作は、前兆も含めると6ヶ月以内に
40%前後の人が体験すると推測されるそうです。

治療を開始したら心の準備をしっかりしておくのと同時に
尿酸値を急激に下げない、最低でも月に1回は尿酸値を
計測する、医師とよく相談しながら治療を進める、などの
点に気をつけて行きましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ