尿酸値が気になるすべての方の為に

痛風の薬物治療はどの段階ではじめるのか?

痛風発作は即使用、その後は生活改善から

痛風や高尿酸血症の薬物治療はどのタイミングで
開始すればいいのでしょうか?

まず、いきなり痛風発作をおこしてしまい、痛みに耐えられない
場合は、開始のタイミングなど計っている余裕はないでしょう。

とにもかくにも症状を和らげるために
病院に駆け込み、すぐに治療開始となります。

その時、どの様な薬物を使用するのかは、
後ほど説明したいと思います。

問題になるのは、「健康診断で尿酸値が高い」という結果が
出た時です。

検診後に担当の医師から「要注意」などの診断があったら、
なるべく早めに専門医に相談するようにしましょう。専門の
医師が必要と認めたら、治療を開始することになります。

その場合も痛風の薬物治療をいきなり始めるのではなく、
症状をみながら、まずは食事を中心とした生活改善療法を
行うのが一般的です。

そのうえで、病状や尿酸値の動向などを詳しく調べ、必要
なら薬物治療が始められます。

薬物治療を始めるかどうかの大きな目安になるのが
尿酸値です。

痛風発作は尿酸値が急激に上昇することで起こるのですから
もっともな話でしょう。では、尿酸値がいくつになったら
薬物治療を開始しなければならないのでしょうか。

これには過去に痛風発作の経験があるか?ないか?
なども含めて大きく3段階の目安を持たれることが多い
ようです。

次回はこの事について書いていこうと思います。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ