尿酸値が気になるすべての方の為に

尿酸値が7.0以上続くと要注意!薬が必要になるライン

実は薬物治療の開始は尿酸値のレベルだけでは決められません。

通常、尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と
診断されます。

しかし、高尿酸血症になったからいって、ただちに
薬物療法を始めるわけではありません。

ここでポイントとなるのが、前回お話したように
痛風発作を一度でも経験しているかどうかです。

痛風発作を経験しているということは、体内に尿酸の
結晶が蓄積している事を示しています。

その状態で、なおかつ尿酸値が7.3や7.8など高い
まま放置しておくと、痛風発作を繰り返す危険性が非常に
高くなります。

そのような場合で、なおかつ生活改善を続けても尿酸値が7.0
mg/dlを以下に下がらないようであれば、薬物療法を
開始するのが一般的です。

これに対し痛風発作を経験していない場合は、
尿酸値が7.0mg/dlを超えていても、普通はすぐには
薬物治療を行わず、生活改善療法だけで経過を観察する
ことになります。

その結果、尿酸値が8.0mg/dl以上の状態が続き、しかも
高血圧や高脂血症、動脈硬化、糖尿病などの合併症、
さらには尿路結石などがみられるようなら、薬物療法に
踏み切ります。

こうした合併症がない場合は生活改善療法だけにとどめる
場合もあります。

尿酸値が9.0mg/dlを超える場合は、発作の有無に関わらず
すぐに薬物療法を開始するのが普通です。

これらは実際の診断で行われている治療の目安の一例です。
患者の病状や医師の判断などにより、必ずしもこのとおりでは
ありません。

ひとつの参考にしてください。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ